線路は続くよ どこまでも

昭和43年頃だったでしょうか・・・

「は―い、きょうは、写生大会で―す。みなさん、学校の外へ出て描いて来て下さ―い。あまり遠くへ行かないでね。いいですか―。」

担任の先生がひと通り話し終えると、みんなが一斉に校舎から飛び出し湊駅へ直行した記憶があります。

そして級友たち3人で大きな車庫の入り口付近に陣取り、早々に描き始めたのでした・・

暫くして、近くを通りかかった駅員さん――。

私のスケッチブックを覗き込み、どれどれ、と。

(駅員さん) 「おぅ、あんちゃん。チョロマツ描いてんのか?ん、いいぞ!」

(私)    「って!?えっ、何が!?」

(駅員さん) 「うまいぞ!んっ、ガンバレよっ!」

そう言いながら頭を撫でられたのです。(というよりパンパン叩かれたように記憶している)

確かに駅員さんは「チョロマツ」と言ったのです。

きっと、愛称だったのでしょう。その時私が描いていた汽車がそうだったとしたら・・

(もしかして全く別の何かだったのかも・・)

それよりも絵心のかけらも無いのは、当時から既に自覚していましたから・・えぇ。

「俺のアイツを描いてくれてんのか、あんちゃんよ。おぃ、サンキューな!」と

きっと、きっとそう言いたかったのだと・・・

だいぶあとになってから、そんなふうに思い返したりもするわけです。

あの時の駅員さん、あの汽車にどんな思い入れがあったのでしょう。

不思議なくらいあの時の駅員さん、あの表情が記憶に残っているのは・・何故でしょう・・

あれからほんとに永い年月が過ぎました――。

乗ってみたくなったわけです・・・湊線に

そして、あの頃の私と偶然にも同じ年の孫と。

そして、湊駅待合所で待つこと30分―。

ちょっと早く着き過ぎた・・・そう、これもこれでまた良い。

ポーズを決める我が孫であります(加トちゃんペッ!)

来ました、来ましたよ~!

早くも興奮気味の孫にせかされ、勝田行きの列車に飛び乗るのでした。

いよいよ走り出すと何やらそわそわする孫・・

おもむろに背負っていたリュックからノートを取り出し、何か描き始めるではありませんか!

(うそっ!?打ち合わせに無いでしょ!そんなの!?)

しばし、観察・・・・?

(私) 「それ、なに?」

(孫) 「田んぼ。」

(私) 「いいね!」(・・・だ、大草原か・・)

(孫) 「できた。」

(私) 「・・!?」(早っ!)

そうです・・あのときの駅員さんのような気持ちで・・パンパンと。

各駅に停車するたびに会話も弾み、何だかちょっとした小旅行のように

とても楽しい時間を過ごすことができました(感謝!)

その湊線 「ひたちなか海浜鉄道」。

なんと、新駅「高田の鉄橋駅」がついに誕生です!祝!!(2014年10月1日運用開始)

そして、その記念イベントのひとつ「熱血!!ディエル列車(トレイン)」に関わらせて頂くこととなり

もう不思議な想いと嬉しさでいっぱいでありますっ!

「ひたちなか海浜鉄道 デュエマ列車」は人を運ぶだけではなく、夢をのせ走る希望の列車なのであります!

まさに、これが「ソ~ウル・トレイン♪ソ~ウル・トレイン♪」(実にファンキーではアーリマセンカ!!)

人気アニメ「デュエルマスターズ」ラッピング車両も、2014年10月5日~2015年春頃迄の期間運行します!

史上初のトレカ列車「熱血!!デュエル・マスターズトレイン プロジェクト」は多くの皆様の

熱いご支援ご協力により実現する事が出来たのです! 誠に有難うございます!

湊線はその姿、その揺れ具合、風景、車内空間、他にもいろんな楽しみ方があります。

ひたちなかへお越しの際には、「湊線 ひたちなか海浜鉄道」に 是非ともご乗車くださいませ!!

ファンキー駄菓子屋ズンドコ商店 ジャムジャムひたちなか本店スタッフ一同

心よりお待ち申し上げております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください