マレ2ことSinus Iridumの対策を考える

灼熱3だと〜〜思ったら〜〜マレ2でした〜。

スタッフMです。

先日、弐寺の解禁イベントBISTRO LANDINGにて最後の楽曲、Ignis†Iræと同時にマレ2ことSinus Iridumが解禁になりました。

マレにCNとソフランを付け足した地獄のような譜面です。

無事未難行きになり未難10になりました。

どうにかハードしたいのですが、厄介なのがソフランで、とにかく私は低速ができないので楽をしたいのです。

考えられる対策を考えてみます。

①低速を対策なしで頑張る

論外。最初の低速で削られ第二低速で死にます。

②全部皿チョン

無理。最初の加速後のノーツ数が多すぎて削られすぎる。

③FHS上げ下げでどうにかする

一番現実的な案です。

レーンカバーは赤のリピカ氏です。

右のCURRENT HI-SPEEDをおおよそ3にして、開幕3つ下げにすることで、1回目の加速後を自分の設定した緑数字にすることができます。

この場合最初の低速は耐える羽目になりますが頑張りましょう。

第二低速は皿チョンします。この時レーンカバーをずらしすぎると後のハイスピがめちゃくちゃになるので注意。

レーンカバー付け外しでも同様の効果があるのでそれでもいいかも。

第二低速抜け前に2本CNがあるのですが、そこでなんとかしてスタートボタンを押しながらFHSを3つ下げます。

CN押しながらスタートボタン押して白鍵を押すとかいう手がめちゃくちゃになりそうな動きをしますが耐えましょう。

最終低速も皿チョンです。抜けたら勝ちです。お疲れ様です。

この対策方法で最終低速抜け落ちしました。あと少しです。

オプションなのですが、一応R乱に大当たりがあるそうです。

この譜面はCN云々よりも、いわゆるDELAYとか坂とか言われている要素が強めで、坂が崩れすぎると押しづらいこともあるので、正規系オプションとかR乱の方がいいのかもしれません。

ただ正規系が苦手という人は乱なのかも。

実際私はマレハードは乱だったのでちょっと正解はわからないです。

譜面認識についてですが、階段をガン見するより縦連になっているところをガン見してこぼさないようにした方が拾いやすそうです。

階段は階段でも、折り返しで微縦連みたくなっているところも多く、そういうところではまりを起こして削られることが多い様子。

ラスサビ縦連も難しいこと考えずに縦連をこぼさないようにした方が耐えられそうです。卑弥呼のサビ前みたいですね。

以上対策とも言えないような対策記事でした。ちなみに友人氏から教えていただきました、ありがとうございます。

癖がつかないうちに漂白したいですね…

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください